タクシー運転手になるために面接を!面接時に気をつけることとは?

運転技術のアピールは意味無し?!

タクシーの運転手は車を運転することが仕事ですが、免許を持っているから、事故を起こしたことがないからなどという事は、確認はされますがアピールすべき点でありません。なぜなら安全に運転することは大前提とされているからです。お客様に揺れを与えないために、荒い運転は避けるなどといったことは、タクシー運転手としてもちろんの事なのです。もしアピールしたいのであれば、「当然のことながら...」などという言葉を一言添えることをおすすめします。

どんな点をアピールすべき?!

面接時に運転技術をアピールすることに意味が無いのであれば、どんなことをアピールすれば良いのか迷うでしょう。面接によって採用するタクシー会社にとって、入社したばかりの社員が、すぐに辞めてしまうことは避けたいのです。なぜならせっかく面接を行い採用審査をしたのにも関わらず、すべて意味がなくなってしまい、また面接を行わなければいけなくなります。面接時に長く働き続けることになるという事や、求人条件に納得しているという姿勢をアピールすると良いでしょう。

面接時に気をつけることとは?

タクシー運転手の面接において、気をつけることは、言葉遣いと身だしなみです。タクシーの運転手は、車を運転してお客様を目的の場所へ乗せていくだけが仕事ではありません。お客様と会話をしたり、車の中という狭い空間を共有することになります。お客様に対して、腰の低い丁寧な言葉遣いが出来るかどうかは、面接時に見極められるため、言葉遣いに気をつけながら話しましょう。また身だしなみも清潔感が感じられるような服装や臭いにも気を遣うと良いです。

役員運転手とは会社の役員を会議や所用の為に目的地まで車で送迎をすることです。黒塗りの車が多く、待っている間は車の清掃をしていることが多いです。