あなたのプライバシーは大丈夫?!情報社会で自分や友達を守る方法

プライバシーが晒されるのはどんな時?

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やインターネットの普及で、自分のアカウントを作って写真や行動を投稿する機会が増えました。SNSサイトへ本名でアカウント登録(中には本名登録が推奨されるSNSもあります)をしたり、友達と仲良く写っている写真を投稿する方もいるかと思います。インターネットの世界だけではなく、現実世界でも会員登録などで自分の名前や住所、電話番号などを書く機会があったり、もっと身近なところだと「友達の友達の話だけど…」といった他愛もない会話の中で、あなたの意図しない場面であなたの話題が出ることも。知られて良い情報や困る情報は人それぞれ。普段からどんなことに気を付ければ、プライバシー(個人情報)を守れるのでしょうか?

知らない間に誰かのプライバシーを侵害しているかも?

「自分の写真が、知らない間にインターネット上に流れていた!」なんてことが起きたら、怖いですよね。考えられる原因は「自分の投稿の公開範囲が全体公開と知らなかった」、「友達が無断で写真をアップロードした」などです。SNSは手軽に他人と交流できるものですが、設定を誤ると意図せず世界中の人と簡単に繋がってしまうことや、手軽さ故にインターネットモラルの低下を招きがちです。友達など第三者のプライバシー侵害は、思わぬところで大きな事件を起こし兼ねないので、特に注意したいところです。まずは自分のアカウントの設定を見直すこと、そして自分以外の人が写っている写真を投稿する時は、「アップしても大丈夫?」と一声かけたり、知らない人が写っている場合には画像を加工して特定できないようにするなどの配慮をすれば、より快適なSNS生活を送ることができますね。

完全阻止は不可?!自分のプライバシーを守る術とは

生活をする上で、お店の会員になったりアンケートに答える機会があります。インターネット上だけではなく、昔ながらの紙とペンで行われるケースも少なくありません。名前や住所、電話番号など個人情報を書く場合は、本当に必要なものか?信頼できるところなのか?このアンケートはどこまで利用されるものなのか?という点に気をつけたいところです。もう1つプライバシーが侵害される可能性が考えられるとするならば、それは「あなたの身近な人」かもしれません!とても深刻な悩みを仲のよい友達に相談したら、次の日には会社中に広まっていた…なんて経験はありませんか?これを阻止するには「広まってほしくない話は他人にしない!」…ということになりますが、これも難しい話ですね。信頼できる友人でも、時には魔がさすことも。1つの手段として「実は友達の話なんだけど…」と、敢えて自分以外の人の事として話してみるのも有効かもしれませんね。SNSも現実世界でもプライバシー問題はつきもの。でもリスクを理解し上手に付き合えば、とても便利な環境です。これからはますます情報社会になりそうです。一度プライバシーについて考える機会になれば幸いです。

機密文書とは、企業についての極めて重要で秘密保持が必要な文書で、機密の度合いのレベルによって「極秘文書」「秘文書」「社外秘文書」の3種類に分けられます。