二つのシステム開発のトレンド!業務システム選びでは重要事項

業務システムは選び方が大切

業務システムを導入したいという企業にとって、数ある候補の中からどれを選ぶかは大きな問題です。システム開発業界では競争のためにオリジナリティを高める一方で、機能的に最低レベルを常に揃えるためにどれも高機能化が進んでいます。どれでも同じではないかと考えてしまうこともあるでしょう。しかし、最適なシステムを選び出せなければその本領は発揮されません。開発におけるトレンドを理解しておくとより良いシステムを選びやすくなります。

クラウドを活用するサービス

業務システムの開発の傾向として生まれているのがクラウドを活用するサービスの提供です。もともと業務システムを導入するときには自社サーバーを導入しなければならないことが多く、それにコストがかかりました。しかし、システムの提供者側が持っているサーバー上で機能するクラウドシステムで業務システムを利用できるとサーバーの導入が必要ありません。サーバー利用料の負担だけで利用できるため、コストを大幅に削減した導入が可能になっています。

システムを運用するデバイスへのこだわり

クラウドシステムとの関連性もあるもう一つのトレンドとなっているのがデバイスへのこだわりです。システムを運用する上で重要なのが何を使ってシステムにアクセスするかであり、クラウドではパソコン以外にもスマートフォンやタブレットを活用できるようにして、それぞれの特性を生かした入出力を可能にしている傾向があります。一方、業務内容に特化したデバイスの開発を手がけて、より運用しやすいシステムを作り上げているケースもあるため、現場に合わせたデバイス選びができるようになってきているのが現状です。

notesのバージョンアップで気をつけることの一つに今稼動しているデータベースがあります。例えば4.6からだと、式やLotusScriptの書き直しがありうるため念入りに見直さなくてはいけません。