センスがない者に営業は無理!営業はプロに任せる

適材適所が営業成績に繋がる

資金的に余裕のある企業は営業部門を特別に設置することが可能ですが、中小零細企業にとって営業部門を設置して継続的にスタッフを雇用し続けることは困難、そのため営業が必要な時だけ他の部署からスタッフを集め対応していることも珍しくありません。しかし、長年営業をしてきたプロでさえ門前払いになるのは日常の営業職を務めることは、不慣れな者にとってはストレス以外の何物でもなく、素人が営業をしたとこで実りある実績に繋がる可能性は低いです。

中小零細企業にとって渡りに船

資金的に余裕のない中小零細企業にとって、期間限定の営業を行うテレアポ(電話営業)代行は正しく渡りに船、どんなに険しい荒波(営業)にも対応しているテレアポインターは他の社員にとって発奮材料ともなり得ます。テレアポ代行は契約によって異なりますが、期間内だけの利用となり、営業で知り得た情報は社外に持ち出される恐れもなく、成果が得られなければ他のテレアポ代行に乗り換えることも容易なため、資金的に余裕のない中小零細企業にとって利便性が良いです。

コールセンターの兼務は重要

一般にテレアポ代行は、テレアポ代行会社から客に電話を掛けるため、契約者はテレアポスタッフの為のスペースや電話を確保する必要がありません。テレアポで仕事の依頼が増えるようになると、今度は客からの問い合わせに対応するコールセンターの必要になります。テレアポ代行は企業から客にコンタクト、コールセンターは客から企業にコンタクトするため、流れは異なりますが類似した仕事のため、テレアポ代行とコールセンターを兼務している会社も珍しくありません。テレアポ代行を依頼する企業にとって、コールセンターと兼務している会社に依頼した方が効率的です。

テレアポ代行とは依頼者に成り代わりテレアポ営業を行う業者のことで、一定料金制や成果報酬型があります。